デリケートゾーンの黒ずみに市販品がNGと言われる理由とは?

デリケートゾーンの黒ずみの市販

デリケートゾーンの黒ずみは女性にとって永遠の悩みだからこそ今すぐ解決したいものです。ところが、デリケートゾーンの黒ずみに市販品はNGという声があると不安になってしまいます。そこで、なぜデリケートゾーンの黒ずみに市販品がNGなのかその理由と、市販品を使うときに知っておきたいマメ知識をご紹介します。

デリケートゾーンの黒ずみに市販品は即効性が期待できない

市販は安いですし薬局やドラッグストアで購入できる手軽さもありますので、デリケートゾーンの黒ずみをケアするならおすすめではあるものの、即効性の部分で見るとあまり期待できないのが現状です。これが、デリケートゾーンの黒ずみケアに市販品がNGと言われる理由でもあります。

どうしても即効性を期待するなら美白成分のほかに有効成分と抗炎症成分、この三つが配合されたものを選ぶといいでしょう。

市販品にこれら三つが配合された商品がまったくないわけではありませんが、6割程度はこれらのうちどれかが配合されていないものがあるために、デリケートゾーンの黒ずみに市販品はNGと言われてしまうのです。

すべてが配合されていなくとも、ジワジワと成分が浸透して変化が現れますのでご安心ください。

デリケートゾーンの黒ずみに市販品は刺激があるってホントなの?

デリケートゾーンのひだの黒ずみや足の付け根の黒ずみにクリームを使うために市販をチョイスすることは必ずしもNGではありません。

しかし、クリームや石鹸の市販品を選ぶときは、肌に刺激になる成分が配合されていないものを選ぶ必要があります。

実際に薬局やドラッグストアではフェイスケアやボディケア用のクリームなどはたくさん陳列されていますが、デリケートゾーンの黒ずみ用となるとかなり数が限られています。

ちなみにケシミンやニベアはアソコの黒ずみのケアに市販品として使うのはおすすめできないというのが常識になりつつありますので、使用を検討していた方はやめておきましょう。ケシミンもニベアも通常のお肌のケアには優れものですので安心してください。

なぜ市販品は刺激があると言われてしまうのか、それは本来フェイスケアやボディケアに使うものをデリケートゾーンの黒ずみケアとして使ったころで肌トラブルを招いてしまった事例があるためです。

デリケートゾーンは皮膚がとても薄いので、フェイスケア用やボディケア用では刺激が強すぎます。肌トラブルを招かないためにも必ずデリケートゾーン向けの市販品を使う必要があります。

デリケートゾーンの黒ずみの市販品はどこで買えるの?

デリケートゾーンの黒ずみを治すため市販品を買うとき、どこで買えるのか分からない女性もまだまだたくさんいます。

ビキニラインの黒ずみをドラッグストアなどで購入したクリームなどでケアするなら、基礎化粧品や生理用品、さらに衛生用品などが売られている場所を見てください。ボディケア用品の陳列棚に並んでいることもあるようですが、先ほど挙げた3か所に置いているケースが多いようです。

もしも場所が分からないときは女性の店員さんに場所を訪ねてみるのもひとつの方法です。

デリケートゾーンの黒ずみに市販品を買うメリット

デリケートゾーンの黒ずみをケアするために市販品を購入するメリットは、実際に自分が使うものを手に取って確認できるところではないでしょうか。薬局などに売られている医薬部外品であれば成分の保証もありますし、安心感を得られることは何よりメリットになります。

成分表を実際に確認できるのはもちろんのこと、どのぐらいの大きさなのか把握できるのも店頭で購入できるメリットです。お店に行けばいつでも置いてあるという安心感もメリットです。